読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

55歳から始めてみました

気か付けば55歳 これからのこと

2016年の8月はスポーツ一色の夏でした

f:id:nintamawanko:20160822203750j:plain

さて久しぶりの投稿になりました。ほぼ1か月ぶり。今年の8月はリオ五輪もあり、毎年の夏の甲子園と日程が重なりました。テレビは連日のメダルラッシュ。それにしても世界のレベルも上がったているのに、水泳や体操、陸上のリレーもメダル獲得というのは、日本のレベルがもっとあがっているということ。最近の若者がどうのこうの、ゆとり世代がダメだとかの声もありますが、スポーツのトップクラスの日本人は立派に世界と渡り合っている証拠なんですね。

 

この時期の私が毎年楽しみにしているのが、夏の甲子園 全国高校野球選手権大会。私が学生だった1970年代から80年代と比較すると、こちらも個々の選手の技術アップが目ざましいものがあります。ホームランの本数も、投手の球速も昔と大違い。70年代などは球速が140Kmを超える投手は、ほんの一握り。全国大会の甲子園ともなるとエースクラスのほとんどはこのクラスの速球と、多彩な変化球を決め球としています。

 

オリンピック、高校野球ともにトップレベルを目指すとなると、小さい頃からの育成と環境が必須となります。子ども本人の意思もありますが、むしろ親の情熱が大きい。きっかけはスポ少や部活になるのでしょうが、きちんとして指導者が存在するクラブやスクールの充実が競技人口の底辺で技術の向上に貢献しているでしょう。

 

一方で、環境が揃っていない地方は いまだにスポーツ環境は学校の部活しかないので、もはやスタートから違います。最近の甲子園は、中学硬式のリトル、シニアのクラブチームの出身者が大勢を占めています。プロ野球のレベルの向上も、こうした選手たちが支えているといっても過言ではありません。出場校は常連の野球強豪私学が全国大会の上位を占めています。どちらかといえば、部活の域を越えたセミプロ化した集団がしのぎを削る大会と言えます。

 

スポーツに傾倒しないと、世界のトップは目指せないし、プロにも行けない現実。ただここに到達できるのは、ほんの一握りのアスリート。そうじゃない選手たちは、どこかで挫折し、結局は普通の社会人になってしまいます。授業は午前中だけで、ほぼ一日中競技の練習ばかりしているのは、あまりにもやり過ぎ。競技はプロだけど、一般常識も身につけないと…。アスリートである期間よりも、引退してからの期間がずっと長い。ただ、文武両道などは絵に描いた餅なんだろうな。では またです。

 

 

 

 

ブログを長く続けるには、好きなことか興味あることを綴るしかありません

こちらのブログは久しぶりの更新。夏は毎年楽しみにしている高校野球の予選の開幕があります。とは言うものの一番興味がある出身地の秋田県の予選は、地元に在住していませんので、観戦は困難。もっぱ情報はネットで探しています。秋田の場合は1回戦からのメイン球場では、地元の秋田朝日放送さんが中継をネット配信してくれるので、県外在住者としては、遠くにいながら経過や結果を視聴できるので大助かり。デジタル化の波を迷惑に考えていますが、やはり便利。20年前じゃ考えられない世界です。

 

さて社会人デビューした20代から40代くらいまでは、仕事ばっかりしてた感がありますが、50歳代ともなると その当時よりもむしろ楽しみを探して暮らしています。ブログを最初に始めたのは、50歳前の49歳だし 今年からTwitterも始めてみました。大体の習い事や趣味は長続きしない質なのですが、2つあるブログは続けています。ひとつがライブと音楽で、もうひとつが高校野球が主なカテゴリになっています。もともと多趣味じゃないし、出不精で なおかつ人見知り。趣味なんて問われたら、しょうがないので読書って答えるのが精一杯。ブログやTwitterで日常を日記代わりに発信していると、何が好きで、興味あるのかが自覚できるから面白いです。

 

高校野が好きですなんて、日常じゃなかなか言えないですけど、ブログやTwitterだと勝手に発信できるから楽。それなりに高校野中心のアカウントの方も大勢いらっしゃるので心強いです。音楽やライブも同様でして、浜田省吾のファンサイトなんてネット上には沢山あります。あれだけアリーナを満杯にする動員力がある浜省でも、日常生活でファンに出合うことは ほぼありません。ただ時に、まわりに意外な方が実はファンだったりするから面白いものです。

 

ブログで日記形式で続けるのもいいけど、結局は自分の好きなこと、興味あることしか長続きしないし、それを綴っているのが一番楽しいかもしれません。興味がないことを続けることは難しいよね。仕事でも趣味でも…。あとは経験値が蓄積すれば興味も出てきて好きになることもありますね。はてなブログは、まだテーマもはっきりしないのですけど、まあ長く続ければ それなりにテーマも決まってくるか? ではまたです。

 

 

 

参院選の投票は、空いてて楽な期日前投票が便利

昨日は参院選期日前投票してきました。私の場合は、基本支持政党がありませんのでこういった時はホント困ってしまいます。今回の争点っていうのはアベノミクスの是非の評価と憲法改正への流れの是非、消費税先送りと社会保障あたりが判断基準だと思っています。

 

私は、憲法は改正すべきだとは思っていますが、低所得の中高年なので年金や社会保障については先の安心がほしいというのもあります。さらに格差がどんどん広がっており、貧困層の拡大も大きいし、アベノミクスの恩恵も授かってはいません。憲法改正はOKでも、アベノミクスはダメ。そうなると保守でも革新でもないわけ。いったいどうすりゃいいんだよ。

 

宗教系の党派は最初からダメだし… かといって革新系は護憲派の流れだし。貧困層にとっては共産党が一番おいしい政策を打ち出しています。ここって歴史上の結党のいきさつが、ソ連コミンテルンなので いわば日本の国体を転覆しようとした機関。これでこの党は現在でも随分と敬遠されています。名前を変えて過去の歴史と決別しないとダメ。

 

今回の選挙は、一番に層が厚いところが投票したい、政党や候補者が欠落しているんだよな。資本家の経営層や大企業や役所勤めの富裕層は、保守勢力に投票すればいいけど、それ以外の層の有権者が投票できる政党がほしいよね。どんどん投票率だけ下がっていくのは目に見えているな。ただ非正規労働者だとか、ブラック会社に勤めているとか、下流老人まっしぐらとか、有利子の奨学金の返済で四苦八苦している若手とか、シングルマザーとか、困っている人は沢山います。今のままの日本じゃダメだな。そう思ったら選挙に行くしかない。投票日当日は混みあっている指定の投票所よりは、期日前投票が楽でいいよ。 では またです。

 

英国のEU離脱は日本の国際連盟脱退に比べたら大したことでもない

「終わりだ」「新英国の誕生」=EU離脱、論調割れる―主要紙1面 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 

英国がEUから離脱。欧州も世界も一つになるなんてことは夢、まぼろしなんだろうな。対等での連合が理想なんだろうけど、結局は主従というか、本国と植民地、属国のような関係でしか現実は成り立たないのだろうな。世界に君臨した大英帝国も、今じゃ見る影もない。第二次世界大戦で、犠牲になったのは敗戦国の枢軸国だけではなく、経済的には、インドをはじめとする多くの植民地を失ったイギリスも代表的な国家のひとつと思います。

誇り高き大英帝国は、EUなどは必要としていないし、移民の流入は迷惑なだけなんだろうな。欧州はこれをきっかけに、再びバラバラになってしまうのか? 予測されるのはスコットランドの独立の動きも再燃焼しそうだし、働かないギリシャはほっとかれそうだし。利害関係が発生する国家間では国益重視が最優先で、EUは英国にとっては不利益なだけという国民の判断。

今は、大昔と違って民間レベルでの結びつきも強いし、個々でもインターネットでの繋がりもあります。そもそも日本などは、鎖国していた江戸時代が天下太平でした。保護主義が一番平和を維持するのかもしれません。英国のEU離脱といったって、日本の国際連盟の脱退ほどは衝撃はありませんよ。 では またです。

 

年々やる気がなくなるのはこういうことか

「仕事がつまらない」は、日本の国民病!? | 日刊SPA!

スマホにブックマークしているサイトで興味深い記事がありました。4月から仕事も不調でして、事故や苦情はないものの成果もあがらず困っています。新人や若手でもない歳なので、誰にも頼れないし大体は一人で判断して、抱え込んでます。さりとて、昨年は順調だったのですが、それでも毎日の仕事は楽しくはありません。

 

1980年代~90年代の若手の頃は、少なくとも今よりはマシ。先が見えないというか、決まっていないことは、不安でもあるけど期待でもあります。無力だけれども何者かにもなれる可能性もあることは素晴らしい。だけど今の若者を見ていると、未来よりも今のリスク回避が大前提。こりゃあ恋愛なんてリスク高すぎてできないな。

 

今じゃリスク回避だけだし、余計な心配、余計な対策ばかりです。私だけではなく、社会がこんな状況なんですよね。ひとつのミス、失敗で大バッシング 無名な我々から有名人まで、事の大小はあるものの立ち位置は一緒。新しい何かなんて、怖くてできないよ。社会も個人も、今より良くなることんなんてない未来が見えていれば、つまらないよね。

 

仕事や社会がこんな状況じゃあ、先の見えないものに興味をしめすしかありません。好きなスポーツやギャンブルなどに夢中になるのはよくわかります。先の結果が見えませんものね。ワクワクしない毎日には、社会や仕事とは別の何かの刺激しかないですよ。

 

盛り上がらないね、2016年の参議院選挙

参院選、7月10日投開票…政府・与党方針 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

参議院選があるんですけど、盛り上がっているのは各政党とメディアくらいです。庶民感覚では、国政を直接担う衆議院と違ってどうでもいいです。むしろ地方選のほうが身近で盛り上がります。議員報酬や選挙費にかかる膨大な税金を考えると、何をしているのか伝わってこない参議院なんていらないでよ。

 

この度の争点っていうのは、消費税の先送りの是非と、アベノミクスの是非あたりか?消費税がアップしても私の給与は上がらないし、アベノミクスの恩恵も特にありません。かと言って野党も与党の否定ばかりで、具体的な政策などは見えてきません。また憲法改正の是非を問うには参院選では荷が重すぎます。

 

投票率って50%くらいでしょうか。衆議院だって最近はこの程度だから、苦しい暮らしのわりには、政治離れが進んでいます。先人達が苦労して手にした選挙権が泣いています。私は必ず行きますよ、利用しているのは期日前投票高松市役所に行きますが、出口調査は必ず引っかかります。

 

これだけインターネットが進んでいるのだから、いっそのことネット投票にすればいいのに。マイナンバーにパスワード設定すれば、ワンクリックで済むのに。投票所の設営もいらないし、職員の休日出勤も休日手当も発生しません。これ結構な経費なんですよ。そんな経費があるなら、給与が薄い保育士や介護士にまわしてあげればいいのに。税金の使い方が、全くダメ。消費税あげて財源確保しても支出の仕方が浮世離れしているんじゃ、どうしようもありません。

 

国政は与党も野党もダメ。インターネット投票が実現し、リーダーシップと実行力がある指導者が出現したら、政権は一晩で変わってしまうんでしょうね。ただ米国が黙っちゃいないけど。日本人が自立を望んでいるなら、先ずは米国の傘から離れること。そうすると、自前の安全保障が必要になりますので、これをどうするか。ここまで議論が発展するのは、トランプ政権が本気で米軍撤退を考えるとすると近い将来だし、現実路線であれば、まだまだ遠い将来のこと。歴史の転換ってのは、長い時間がかかるようです。戦後は70年、江戸幕府は260年、スパン長いね。ただ永遠に続くわけではないし、どこかで歴史の転換点がいつかあるんでしょうね。では またです。

 

 

 

 

 

今じゃグーグルアドセンスは、無料ブログでは登録すらできないことに気が付いた

AdSense の仕組み | Google AdSense – Google

ブログにグーグルアドセンスを導入しようかなと思って、手順を踏んで登録しようとしたら、初期の段階で断念。無料ブログじゃダメで、独自ドメインのサイトじゃないと登録できないそうで。まあ面倒な会社だな と思いつつ、インターネットの世界じゃGoogleには逆らえないし仕方ないか。有料にして、ドメイン取得すればいいだけなんだけど、お気楽にやっている分では、そこまでストレス抱えたくはありません。

 

バナー広告も、こちらのブログには載せていないので、審査用として継続していましたが、Googleアドセンスは、もうあきらめよう。A8などのバナーで十分か。サーバーレンタルのワードプレスなどがいいんだろうけど、PCの最低限の知識が必要だし、一般の無料ブログで楽しめれば個人的には十分だな。あとは有料ブログで独自ドメインできるのをもうひとつ立ち上げるか ?

 

不労所得への道は遠く険しい。とりあえずこのブログもA8に登録するとするかな。